二十歳の私にComeback!

50歳になりダイエットに挑戦します!二十歳のころの体重にもう一度戻りたい。

50代のダイエットはホルモンバランスで痩せやすくする!

50歳になり、私もそろそろ閉経かなと思っています。でもその閉経が痩せにくくする一つの原因と言われています。2年前の健康診断では今よりー10㎏でした。それがこの2年で10㎏太ってしまったのです。ダイエットをしてリバウンドしてしまったこともありますが、更年期に入ってしまい太りやすくなったのかもしれません。

 ↓

 目次

 

太ってしまう原因

加齢による筋量低下

年齢を増すと段々筋肉の量が落ちてきます。筋肉の量が落ちると基礎代謝が下がり痩せにくい体になります。女性は特に脂肪がつきやすく、どんどん太ってしまう人も多いです。

お腹の周りに脂肪がつきやすくなるので洋ナシ型の体になりやすいです。

私も洋ナシ型です。お腹の周りに脂肪がたっぷりです。

 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減る 

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減るため、筋量が低下します。女性の脂肪つきやすくなる原因はエストロゲンの分泌が減るためです。体脂肪はもちろん、内臓脂肪も増えやすくなってしまうのです。

食べないことが逆効果

これは私のことですが、あまりに急に太ってしまったので、痩せなくてはと思い朝も夜もあまり食べないダイエットをしてしまいました。その結果タンパク質が足りなくなり、筋量が落ちてしまったのです。その結果、基礎代謝が落ち、脂肪が増えて太ってしまいました。食べないことが逆効果です。

ストレス解消に甘いものを食べたくなることが増え、どんどん太ってしまいました。

 

痩せやすい体にするには

女性ホルモン(エストロゲン)を補う

1、食べ物から摂取する

大豆由来食品(豆腐、納豆、みそ、おからなど)これらは大豆イソフラボンが含まれており、エストロゲンに構造が似ていることから、分泌を促します。また足りないところを補ってくれます。

2、睡眠をしっかりとる

ただ寝ればいいということではなく、早めに寝ることと、良質の睡眠をとることです。

良質の睡眠をとるためには自律神経も安定させなければなりません。ストレスを解消しヨガやストレッチなどで自律神経を整えましょう!

ホルモン分泌が活性化するのは夜10時~深夜2時といわれています、その時に深い眠りについていることで、ホルモンの分泌を促します。

3、薬やサプリを飲む

更年期外来や婦人科で薬を処方してもらえます。飲み薬、塗り薬、張り薬があり、重い更年期障害の方は試してみる方がいいかもしれません。

もちろん軽い方もホルモンを補うための治療をすることで、更年期障害の色々な症状が緩和されることが多いです。

薬はちょっとと思われるかたはサプリを飲んでみるのもいいかもしれません。

私はイソフラボンが入っているサプリを飲んでいます。そのせいかわかりませんが、半年ぶりに生理になりました。

  

 運動をする

 ウォーキング・ヨガ・ストレッチなどの有酸素運動

スクワットのような筋トレ

ラジオ体操太極拳などもいいと思います。個人的には太極拳をしてみたいなと思っています。

最近、NHK筋肉体操⁈が放送されています、結構ハードだと聞いたことがありますが、できるものだけやってみるにもいいかもしれません。

我が家ではいつでもラジオ体操が出来るように録画しています。

食生活の改善

糖質は摂りすると血糖値があがり太りやすくなります。野菜とタンパク質はきちんと摂るようにし、三食食べるほうがいいです。特に朝はしっかり食べましょう!どうしても甘いものが食べたいときは朝や昼に食後すぐ食べる方がいいようです。

炭水化物(ご飯)も食べないのはいけません!食べすぎないように、摂ってください。

まとめ

50代のダイエットは、ホルモンバランスを整えることから始まります。まず減ってきた女性ホルモンを補い、分泌を促すことで満腹中枢を刺激し食欲を抑え、脂肪の蓄積を抑えることが出来ます。

筋量を増やし基礎代謝を上げ痩せやすい体になりましょう!

 

 

f:id:hutoparakasan2101:20190417224028j:plain